税金対策・経営、中小企業の味方です-日田民主商工会(民商)。

民主商工会(略称:民商)とは?

民主商工会(略称:民商)は、中小商工業者が営業とくらしを守るために、自らがつくった商工会です。
全国の町に民商があります。
民商の全国組織が全国商工団体連合会(略称:全商連)です。
設立は1951年で、今年で60年目を迎えました。
全商連が発行しています「全国商工新聞」は45万の事業所が購読しています。

日田民主商工会は、会員が毎月4000円の会費を持ち寄り、班、支部、理事会、総会で活動を話し合い、会員自らが運営する組織組です。
日常的には、記帳の仕方を学び合い、経営のあり方を交流します。
給与計算や社会保険料の計算、労災保険料や年末調整、確定申告の仕方など、事業に関することは、お互いに学び合い、全て自分でできるようになります。
税金が払えなかったり、借入金の返済で困ったりしたときは、知恵を出し合い、仲間と一緒に税務署、金融機関や保証協会と交渉します。
高金利の被害に陥らないように、大分県の制度融資や国民金融公庫の中小業者向け低利の融資を受けましょう。
また、税務調査の時は、お互いの経験を交流し、納税者の権利を学習し、調査当日は民商の仲間が立ち会います。

困った時は民商の「なんでも相談会」へ!
お気軽にご来所ください。
無料の相談会です。

「全国商工新聞」の魅力。 民商会員。
税務調査についての10の心得。 民商のなんでも相談会。
税金が払えないとき。 制度融資について。

Copyright(c) 2011- 日田民主商工会, All Rights Reserved.